占いで豊かな人生にしよう!~占いでスピリチュアルライフを!~

占い

港町に浸透した占い文化

占いの歴史と現在

女性

占いは世界的に見ても、とても古くから存在しており、古代エジプトやバビロニア時代などでは、すでに実行されていたようです。日本でも八百万の神々などの自然信仰が浸透しており、卑弥呼は占いで邪馬台国を治めていたとされています。そしてお隣の中国から五経が伝来したことから、ますます占いは盛んになりました。8世紀には陰陽師や呪術師といった専門職業も登場し、明治時代に廃止されるまで活躍し続け、平安時代や鎌倉時代には占いが多様化し、江戸時代には庶民も普通に利用するようになっていました。そして現在ではTVや雑誌はもちろん、インターネットサイトなどでも占いは盛んで、他にも占い師が直接占ってくれるお店や、ショッピングセンターなどにそういったコーナーがあることもあり、かなり身近な存在になっています。

港町の占術

現在、身近な存在となっている占いですが、日本でも占いで有名な場所というものがいくつか存在しています。その土地の歴史などとも大きくかかわっていますが、神奈川県の横浜では、はやり中華街が有名なスポットとなっています。横浜中華街といえばグルメがもっとも有名かもしれませんが、ショッピングやエステも楽しめますし、占いのお店もたくさんあります。鑑定内容も定番の手相やタロット、占星術や姓名判断などはもちろんのこと、やはり横浜中華街ゆえに土地やインテリアなどで占う風水も盛んです。もちろん他の鑑定方法もたくさんあるので、自分で気に入った鑑定方法を選ぶと良いでしょう。また横浜と言えば中華街と直結してしまいそうですが、他にも関内や桜木町、赤レンガ倉庫店内など、いろいろな場所に人気占いのお店があります。